徹底した品質管理のもと、安心・安全な日本の食を守る阪神サイロ株式会社
  • HOME
  • 阪神サイロについて
  • 事業内容のご紹介
  • 阪神サイロの設備
  • 採用情報
HOME > 事業内容のご紹介 > 業務の流れについて

事業内容のご紹介 業務の流れについて

徹底した品質管理と安定供給。
阪神サイロは日本の食をベースラインから支えます。

穀物搬入出庫系統図

図
阪神サイロでは、世界中から輸入された小麦を穀物運搬船よりニューマチックアンローダで直接荷揚げし、計量後、サイロにて安全に保管。全ての工程において、設備機器の自動制御による省力化、円滑なオペレーション操作により、入庫から出庫まで効率よく運転しています。

Phaze 01 荷揚げ

2基のニューマチックアンローダが穀物運搬船内の小麦を吸い揚げます。
1時間当たり400t、2基で800tの荷揚能力を持っています。吸い揚げた小麦のうち、一旦貯蔵するものはサイロ内に、そのまま出庫するものは、艀(はしけ)や内航船に積み込まれます。
写真 ニューマチックアンローダ
写真 穀物運搬船吸揚、艀(はしけ)積込

Phaze 02 貯蔵・管理

合計収容能力105,713トンをほこるコンクリート製109基・鉄製27基の合計156基のサイロをコンピューター制御により在庫管理し、貯蔵された小麦については、温湿度自動測定装置により安全と品質を日々チェックしています。
写真 阪神サイロ全景
写真 操作室
写真 サイロ上屋

Phaze 03 出庫

トラックによる陸上出庫は1時間では300トン、内航船・艀(はしけ)による海上出庫では1時間に200トン相当の出庫設備能力を持っています。また、専用のコンベア設備から1時間に200トンもの小麦を日清製粉株式会社東灘工場にむけて送り届けています。
写真 トラックによる出庫
写真 日清製粉株式会社 東灘工場送りコンベア設備
ページの先頭へ
お問い合わせサイトのご利用についてサイトマップ
阪神サイロ株式会社
〒658-0024 兵庫県神戸市東灘区魚崎浜町14-7 / TEL. 078-451-1671 / FAX. 078-451-1636
Copyright (c) Hanshin silo co,. Ltd.  All Rights Reserved.